« 東北に行ってきます | トップページ | 発掘!宇宙Gメンエピソードガイド1 »

萌えを継ぐもの

「萌え」という言葉が、ごくごく一般の人達でも使われるようになったご時世、今さらながらに「萌え」という言葉を、うっかり使ってしまうと恥ずかしい。いや、元から恥ずかしいものであったのですが。

「萌え」に変わる言葉はなんだろうと、ツラツラ考えていたのですが、自分的は

「オレの嫁」

が一番しっくり来るのではないかと思うのです。

「オレの嫁」は二次元に向けられるこそ、価値のあるもので、どんなに宣言したって嫁にはならないという安心感がキモであり、これを実在の人物に使ったらただのキモい人になってしまいます。きもきも

「○○はオレの嫁」

「なにおっしゃる、もうオレの嫁ですがなにか?」

 と続けるのがむしろ作法。

「萌え~」がかわいい系愛情表現とするなら「オレの嫁」はもっとオトナの愛情表現。もちろん架空キャラに「○○はオレの嫁」とか言ってるからこそ、現実との境界線ギリギリエッジな駄目人間のグレードが上がるのではないかと思うのでした

|

« 東北に行ってきます | トップページ | 発掘!宇宙Gメンエピソードガイド1 »

オタク考察」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221972/16440224

この記事へのトラックバック一覧です: 萌えを継ぐもの:

« 東北に行ってきます | トップページ | 発掘!宇宙Gメンエピソードガイド1 »